看護師画像

 看護師の方で仕事とプライベートを両立できる職場をさがしているのならクリニックで働くことを選択肢に加えてみるといいでしょう。 クリニックとは入院施設が全くないかベッド数が19床以下の医療機関。病院勤務のように多くの診療科目や症例と接することは少ないのでスキルアップのチャンスは少なくなってしまいますが、入院施設がなければ夜勤なしで働けますし、病床数が少ないので比較的ゆったりとした環境で働くことができます。 病院とクリニックは医療機関であることは同じですが、違いがけっこうあります。

 

またクリニックであっても、クリニックが有している診療科目の種類や規模によっても、休みの多さや看護師の業務内容などにも違いがあります。 そのため仕事とプライベートを両立ができる職場をさがすのであれば、その違いを理解して自分の希望の働き方には病院とクリニックのどちらが向いているのか、どういったクリニックの看護師求人を探したらいいのかをよく確かめた方がいいでしょう。

クリニックは病院と比べ比較的ゆったりとした環境で働けるといわれていますが、クリニックによっては看護師以外の業務をしなければいけなくなるクリニックもあります。大きな病院では施設の清掃を専門業者に依頼したり、会計のための事務員を雇ったりしたりしていますが、規模の小さなクリニックだと、そうした看護師以外の業務もしないといけない場合もあります。

クリニックと病院のどちらで勤務しようか悩んでいるのなら、クリニック勤務の看護師の一日の業務内容と病院勤務の看護師一日の業務内容の働き方の違いを知っておいた方がいいでしょう。

クリニック看護師の主な業務の画像 詳しくご紹介します

一口にクリニックと言っても、診療科によって看護師の業務内容業務の大変さ必要となるスキルなどは大きく違っています。 診療科によって看護師の業務内容に違いがあるのは病院勤務でも同じですが、クリニックの方がその違いが大きい傾向にあります。 自分に合ったクリニックを知るためには、診療科によるクリニックの業務や忙しさを知っておくことが重要となります。

クリニックの診療科によって患者の多さは変わるのか、また看護師の業務にどのような違いがあるのかなどを紹介しますので、クリニックの診療科による様々な違いを知って、自分に合ったクリニックはどれなのかを確認してみてください。

クリニックの種類 詳しくご紹介します

クリニック勤務を選んだ看護師の多くが、その理由として「働きやすい」ということをあげています。 入院施設がないリニックであれば日勤常勤で働けますし、パート勤務の相談もしやすいので、病院勤務に比べ仕事と家庭の両立がしやすくなります。

またクリニックで働いている看護師は病院勤務と比べ、子育て経験者現在子育て中の方が多くなっています。 そのため子どもの急な体調不良や保育園や学校の行事などで休みたい時でも、クリニックであれば同じ経験をした(している)方が多いこともあり、急に休みをとることを理解してくれて、肩身が狭い思いをすることもありません。収入面やスキルアップを考えるなら病院勤務の方がいいでしょうが、子育てとの両立をしながら働くのであればクリニック勤務の方がいいでしょう。

クリニックで働く人

クリニックの休日は休診日に準じていることが多いです。 そのため土曜・日曜や祝日が休診日であれば、勤務している看護師も休みとなります。ですが病院勤務の場合、看護師の勤務形態がシフト制だったりするので、日曜や祝日が休診日であっても勤務になることもあります。

また、クリニックの場合、院長などの独断で休診日が決められているので、土曜や平日に休診日があることもあります。そのためクリニック勤務には平日に休めたり、土・日を連休で休めたりもします。さらに入院患者がいないことから、病院よりもお盆・年末年始休暇を長く取得できるという魅力もあります。

クリニックの休みとり方 詳しくご紹介します